展示・イベント

袋井の火の見櫓展 【終了】

  江戸時代に火災から街を守るために出現した火の見櫓は、平成に入って急激に数を減らしています。しかし、近年は景観遺産として注目を集めており、袋井市内には18ヶ所の火の見櫓が守り継がれています。今回の展...

県埋蔵文化財センター巡回展 〔袋井会場〕【終了】

   静岡県埋蔵文化財センターでは、県内の大規模公共工事に先立って、遺跡の発掘調査を行っています。本年度の巡回展「しずおかの遺跡 にし・ひがし ~近年の発掘成果から~」では、新東名高速道路建設事業及び...

「東海道 袋井宿展」 【終了】

   江戸時代の元和二(1616)年、東海道の掛川宿と見付宿の間に、新たに袋井宿が開設されました。本年は、宿の開設からちょうど400年の節目の年になることから、当館で所蔵する宿に関係した資料を中心に展...

巡回展 「秋葉山常夜灯展」 【終了】

 失われつつある地域の景観遺産を記録に残すため、生涯学習課では平成24~26年の3年間に、袋井・浅羽地域の「秋葉山常夜灯」の悉皆調査を実施しました。  この秋葉山常夜灯は、火防(ひぶせ)の神である秋葉...

小学校合同 『歴史学習展』  【終了】

  市内の小学校6年生(浅羽南小・浅羽北小・笠原小・袋井東小)が、大畑遺跡〔袋井市岡崎〕の縄文土器をお手本に、オリジナルの土器をいっしょうけんめい作りました。高温で焼き上げたため、中には割れてしまった...

ページの先頭へ戻る